ヘルニア 治療 種類 原因

頸椎椎間板ヘルニア記事一覧

 頸椎椎間板ヘルニアでは何科の病院を受診するのがいいのでしょうか。 人間の感覚器は頭部に集中していて、その頭部を動かすために、頸椎がよく動く仕組みになっています。 このよく動く仕組みのために、頸椎は損傷を起こしやすくなっているのです。 そのような頸椎の損傷で有名なのが、頸椎椎間板ヘルニアになります。 頸椎椎間板ヘルニアは、頚部のみではなくて、腕や手に痛みや麻痺症状が出現する疾患です。 なかでも麻痺...

 頸椎椎間板ヘルニアは、首や上肢に痛みが生じることが、ほかの頸椎の疾患とは異なる特徴です。 しかし、そのほとんどのものは、痛みが生じるものの、夜間に眠れないほどの激痛になりません。 ところが、時として激痛のために、夜間に眠れないほどになることもあるのです。  そうしたときに、適切な対処が出来ますと、日常生活への影響がかなり違ったものになってきます。 まず、頸椎椎間板ヘルニアで痛みが生じる理由は、上...

 頸椎椎間板ヘルニアは、上肢の痛みを伴うことが、肩こりなどの頸椎の疾患とは異なる特徴です。 頸椎椎間板ヘルニアにおける上肢の痛みは、神経根が圧迫されて炎症を起こすために起こります。 神経根は、頸椎から上肢に向かう神経が、椎間孔を通過する場所で炎症を起こすのです。 すなわち、この神経根の炎症を軽減することが、何らかの方法で出来れば、痛みの緩和に繋がります。 そうした頸椎椎間板ヘルニアの痛みを緩和させ...

 首のヘルニアの原因は何なのでしょうか。 その痛みの緩和するには、どうしたらいいのでしょうか。 首には7つの骨があり、それぞれの骨は軟骨を挟んだ状態でつながっています。 軟骨があるために、首の骨はお互いにぶつかり合うことなく、スムーズに動くことができているのです。 しかし負荷を与え続けることで軟骨がつぶれて厚みが少なくなれば、首を動かすたびに骨がぶつかり合うようになります。 その衝撃によって痛みが...

 首に痛みなどの症状があれば、頸椎椎間板ヘルニアの可能性がでてきます。 この病気は、発見が遅れれば遅れるほど、治療期間は長くなる傾向にあります。 手術をすれば、頸椎椎間板ヘルニアの悪化を防ぐことができます。 しかし、筋力低下などの症状が進行していた場合は、元の状態に戻るかどうか難しくなります。 早期発見することが、治療期間の短縮につながります。 首回りだけではなく両腕や両足がしびれるといった症状が...

 ミシミシという首の音は、頸椎ヘルニアの初期症状なのでしょうか。 頸椎(けいつい)とは、首の骨のことであり7本で構成されています。 そして、その7つの骨と骨の間には、頸椎板が挟まっています。 この頸椎板は、頚椎にかかる負担を緩和させるクッションのような役割を担っています。 頸椎の頚椎板が傷ついてしまい、本来あるべき位置から飛び出してしまった状態が「頸椎ヘルニア」となります。 飛び出した頸椎板が神経...

 頸椎椎間板ヘルニアの治療方法と手術費用は、どのようなものなのでしょうか。 一般的に椎間板ヘルニアというと、腰部でのことを考える人が多いでしょう。 しかし腰部以外の部位、例えば頸部でも起こりうる疾患なのです。 頸部は胴体と頭部をつなぐ部位である首あるいは頭部そのものを指すこともあります。 背骨の中の頭蓋骨につながっている7つの椎骨を頸椎といいます。 椎骨と椎骨の間には、椎間板という軟骨があり脊柱に...

 頸椎椎間板ヘルニアが完治するまでは、どのくらいの期間がかかるのでしょうか。 頸椎椎間板ヘルニアになってしまった場合は、まず痛みを軽くするための対症療法をしてその間にどれくらい痛みが改善するかということが大事になりきます。 4ヶ月程度痛みが激しく続くようであれば手術を選択する必要が出てきます。 基本的に頸椎椎間板ヘルニアは、発症してから数ヶ月から半年ぐらいで縮小したり消失したりします。 自然治癒に...

 頸椎ヘルニアは、7つの骨によって構成されている頸椎の骨と骨の間にあって、クッションのような働きをしている物質が、本来の場所から飛び出し、神経を圧迫することで起きる病気です。 身体全体から見ればごく一部の異常に過ぎませんが、この病気はたったそれだけのことで様々な症状を引き起こすのです。 頚椎ヘルニアの初期症状は、肩こりや首回りの違和感です。 それが次第に痛みやしびれに変わっていきます。 これは五十...