ヘルニア ブロック注射 痛い

ヘルニアのブロック注射は痛いのか?

 ヘルニアのブロック注射は痛いのでしょうか。

 

 ヘルニアは出っ張ったヘルニアが神経を圧迫してしまうので、激しい痛みやしびれなどの症状を引き起こします。

 

 それゆえに改善のためには出っ張っている部分を元に戻す必要がありますが、その場合は手術が行われることも多くなっています。

 

スポンサーリンク

 

 手術を行うと良い改善が期待できますが、入院やリハビリの期間もありますので、すぐには治療ができないという人も少なくありません。

 

 そして費用も多く必要となりますし、体への負担もかかる方法です。

 

 そこで注目されているのがブロック注射です。

 

 この場合であれば体への負担も少なく、炎症を抑え痛みも和らげてくれます。

 

 その種類にも様々なものがあり、痛みのある部分に局所麻酔を打つ方法もあれば、ステロイドが打たれる場合もあります。

 

 ブロック注射は痛みのあるところの筋肉に打つこともあれば、神経根、硬膜外にブロック注射を行うこともあります。

 

 注射だけで行える治療ですので、手術に比べると短時間で行うことができ、入院の必要もなく体への負担が少ないというメリットがあります。

 

スポンサーリンク

 

 とはいえ、やはり注射ですので、どれぐらい痛いのか気になるという人もあるのではないでしょうか。

 

 ブロック注射は即効性がある方法ですが、打つときはかなり痛いともされています。

 

 痛みの感じ方には個人差がありますし、打つ場所によっても変わってきます。

 

 ブロック注射にも様々な方法があり打ち方も違ってきますので、その方法によっても痛みに差が出てきます。

 

 施術を行う医師の技術によっても変わってくる場合があります。

 

 痛みが苦手という場合は注射の前に麻酔を行うこともあります。

 

 注射の痛さが苦手という人は治療前にどれぐらいの痛みがあるのか、痛みが強い場合は和らげる方法があるのかなど、医師によく相談しておきましょう。

 

 次はこちらの記事です。
 ヘルニア治療でのブロック注射の費用は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。