ヘルニア ブロック注射 費用

ヘルニア治療でのブロック注射の費用は?

 ヘルニア治療でのブロック注射は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

 ヘルニアとは、臓器や軟骨などが飛び出してしまっている状態のことです。
 特に多いのは、椎間板が飛び出す椎間板ヘルニアです。

 

スポンサーリンク

 

 これは、背骨の椎間板という軟骨が押しつぶされることが原因となっています。
 つぶれてはみ出た椎間板が、神経を圧迫すると痛みが生じるのですが、その痛みによって日常生活はもちろん、治療も困難になることがあります。

 

 たとえば、椎間板の形を元に戻すためには、腰椎の牽引や運動療法などが有効とされています。
 これらはいずれも腰を動かすことになるので、その動きによって痛みが走れば、治療が進みにくくなるのです。

 

 そのような場合におこなわれるのが、神経ブロック注射です。
 これは、文字通り神経をブロックする力のある注射のことで、これにより神経は刺激を受けにくくなります。
 つまり、痛みが生じにくくなるということです。

 

 ヘルニアの度合いにもよるのですが、比較的軽度の場合には、数週間ほど痛みのない状態が持続します。
 そのため痛みが抑えられている間に、牽引や運動療法をおこなうわけです。

 

スポンサーリンク

 

 これらにより椎間板の形が整えられていけば、症状はどんどん軽くなっていきます。
 神経ブロック注射の効果が切れる頃には、ほぼ完治しているということも少なくありません。

 

 また神経ブロック注射は、治療の一環としておこなわれるので、健康保険の適用内となっています。
 そのため3割負担の場合の費用は、千円〜3千円となっています。

 

 重度になると手術で治療をすることになるのですが、その場合は手術方法にもよるのですが、入院費も含めて10万円ほどの費用がかかります。

 

 それと比較すると神経ブロック注射は安く、体への負担も少ないです。
 そのため軽度のうちに、神経ブロック注射での治療を受けに行く人は多くいます。

 

 次はこちらの記事です。
 椎間板ヘルニアでトリガーポイント注射が有効なのは? 

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。