トリガーポイント 注射 ヘルニア

椎間板ヘルニアでトリガーポイント注射が有効なのは?

スポンサーリンク

 

 椎間板ヘルニアは椎間板の中にある髄核が外に飛び出して神経と接触するために痛みや痺れが発生するという症状です。

 

 そしてヘルニアの要因となる髄核の飛び出しは、ある一部分の筋肉の硬直によって生じる場合もあれば、全身の筋肉や骨格、そして血行が複雑に絡み合うことによって生じてしまう場合もあるのです。
 それ故にヘルニアの根本原因が何であるかを特定することは、できる場合と出来ない場合に分かれてしまいます。

 

 この内、痛みの発生源である圧着点を自覚できる場合には、その圧着点を取り除くことで根本原因を解決することができます。
 こうした場合に有効なのがトリガーポイント注射です。

 

 トリガーポイント注射には圧着点の筋肉の硬直を麻酔によってほぐすことで、髄核を椎間板から外に飛び出させる原因を断つ効果があるからです。
 従って、指で押してみて圧着点を指摘できる場合には有効な治療法なのです。

 

スポンサーリンク

 

 ただし、注意しなければならないのが圧着点が1か所ではない場合です。
 広範囲に痛みや痺れがある場合には、圧着点が複数に及んでいる可能性が有ります。
 そうなると全ての圧着点を特定することは困難になってしまい、トリガーポイント注射を打っても効果が出ないというケースに陥りかねないのです。

 

 前提として椎間板ヘルニアの治療でトリガーポイント注射が有効な場合は、指で押してみて「この場所が圧着点である」と明確に指摘できる場合に限られるということを認識しておくことが大切です。

 

 トリガーポイント注射は前途の通り麻酔によって筋肉の硬直をほぐす治療ですので、対症療法に分類される治療法です。
 従って、筋肉が硬直してしまう根本的な要因を取り除かない限り、ヘルニアの症状はやがて再発してしまうのです。

 

 このため、より治療の効果を高めるためには、筋肉が硬直してしまう根本原因を解決するために、姿勢の矯正やストレッチなどの原因療法を並行して行うことが重要なのです。

 

 次はこちらの記事です。
 ヘルニアのコルセット!巻き方などの注意点とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。