ヘルニア リハビリ 期間

ヘルニアのリハビリ期間はどれくらい?

 ヘルニアでは、リハビリ期間はどれくらい必要なのでしょうか。

 

 ヘルニアとは、正式な名称を腰椎椎間板ヘルニアといいます。

 

 その名の通り、脊椎の中でも特に腰椎部に発症することが多い事で知られています。
 しかし、自動車による追突事故等で頸椎部に発症することもあります。

 

スポンサーリンク

 

 脊椎と脊椎の間にある椎間板というジュエ状の柔らかいクッションの役割をする部分が、何らかの衝撃によって、椎間板の外にはみ出ることから痛みが生じたり、下肢にしびれや感覚障害等の様々な症状を引き起こします。

 

 治療方法としては、保存療法と手術療法が選択されることが多いですが、そのどちらを選択してもリハビリは行われることがあります。

 

 リハビリは理学療法士や柔道整復師などの専門の人間に行ってもらう場合と、自ら行う自主トレーニングがありますが、今回は専門家である理学療法士が行うリハビリについての説明をしたいと思います。

 

 

 まず発症初期に大事なことは安静を保つことです。
 痛みの状態によっては無理に動く事で症状が悪化することもあるため、できれば安静に寝ていることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

 期間としては1週間程となります。
 痛みに応じて内服薬や湿布などを使用します。

 

 そして、痛みが徐々に引いた頃からゆっくりと動き始めます。

 

 あまりにも椎間板がずれている場合や痛みの程度、しびれなどの状態によっては手術が適応となりますが、それ以外の保存療法の場合には、痛みが治まったのを見はからい、筋肉トレーニングやストレッチ、生活内での動作指導を行います。

 

 手術療法においても、手術前から廃用予防のためのリハビリを行い、また手術直後からリハビリを再開します。
 仕事をされている方では1週間ほどの入院期間で退院ができます。

 

 一番重要な点は腰部、臀部における筋肉の柔軟性と、体幹部の筋肉量です。
 腰部疾患を発症する方は腰部の筋肉が硬い事が多く、また力仕事をしている方が多いのが現状です。

 

 そのため、腰部に負荷のかからない動作方法の指導や日常での過ごし方も重要なポイントとなります。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。