ヘルニア 坐骨神経痛 寝方

ヘルニアで坐骨神経痛を伴う場合の寝方とは?

スポンサーリンク

 

 坐骨神経痛を伴う腰椎椎間板ヘルニアは、手術療法の選択も多いため、重視されている疾患です。
 手術療法の選択が多いといっても、基本となるのは保存療法を、しっかりと行うことになります。

 

 こうした腰椎椎間板ヘルニアの保存療法は、医療機関で行うだけでなく、自宅での管理も大切です。
 もちろん、自分自身で行うことですので、本格的な医療行為を行うわけではありません。
 しかし、日常生活の過ごし方を見直すだけで、症状を改善させる効果があることも事実です。

 

 そうした自分自身で出来る、日常生活における症状の改善の仕方の一つが、寝方を見直すことです。
 なかでも大切なポイントが、腰椎が丸まった状態の寝方をすることになります。

 

 この腰椎が丸まった肢位のことを、医学的にはセミファウラ位と呼んでいます。
 セミファウラー位をする目的は、腰椎を屈曲位にすることです。

 

スポンサーリンク

 

 腰椎を屈曲位にする目的は、腰椎から下肢に向かう神経根を、出来るだけ刺激しないことになります。
 腰椎から下肢に向かう神経根は、腰椎の後方から出ています。
 そのため、腰椎を伸展位すると、神経根が圧迫され易くなって、症状が増悪する可能性が高いのです。

 

 反対に腰椎を屈曲位にすると、神経根が圧迫され難いので、症状の軽減に繋がり易くなります。
 ただし、単に腰を丸めるだけでは、腰椎の屈曲位としては十分ではありません。
 十分な効果を発揮させるためには、股関節と膝関節を屈曲位にする必要もあるのです。

 

 股関節には腸腰筋という筋肉が付着し、膝関節には大腿四頭筋が付着しています。
 この腸腰筋と大腿四頭筋は、いずれも腰椎の伸展を増強させる効果がある筋肉になります。
 このように、坐骨神経痛を伴う腰椎椎間板ヘルニアでは、寝方が大切なのです。

 

 次はこちらの記事です。
 腰椎椎間板ヘルニアの悪化を防いで治療をするのは整骨院?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。