ヘルニア 坐骨神経痛 治らない

ヘルニアが原因の坐骨神経痛が治らない時は?

 ヘルニアによって起こる坐骨神経痛が治らない場合には、どのようにしたらいいのでしょうか。

 

 坐骨神経というのは体の中で最も長い神経で、神経痛を起こしやすい場所です。
 そのため坐骨神経痛に悩まされている人の数というのは、決して少なくはありません。

 

スポンサーリンク

 

 その原因となるものの多くは、椎間板ヘルニアとなっています。
 これは坐骨神経痛の原因の、約80%を占めているのです。

 

 発症する人の年齢というのは幅広いのですが、20歳代〜50歳代に多く起こりがちといった傾向があります。
 様々な病気から発症しますが、坐骨神経が圧迫されたり、炎症が起こるために痛みが発生します。

 

 こうした痛みというのは、坐骨神経根から大腿の後ろを走り、膝から下は下肢の外側を通ってかかとにまで達します。

 

 痛みが激しく治らない場合には、まずは安静にして横になっていることが大切です。
 セキやクシャミでも痛みは増しますので、動かずじっとしているようにします。

 

 こうした坐骨神経痛になった場合には、その原因となっている病気の治療を行う必要があります。
 神経痛の痛みをとる治療だけしていても治りません。

 

スポンサーリンク

 

 根本の病気の治療が必須となっているのです。
 ですのでヘルニアが原因ならば、コルセット療法や牽引療法などを行います。
 そうした治療を行った後、数週間安静にしていることで治っていくのです。

 

 また、糖尿病や動脈硬化、アルコール中毒などでも発症しますので、こちらも同様にそれぞれの病気の治療を行います。
 そうすることでこちらも、坐骨神経痛も治っていくというわけです。

 

 こうした病気の治療しても治らない場合には、他の病気が隠れていることもあります。
 ですのでまずは、その病気を見つけることが重要となるのです。

 

 このように根本の病気の治療と同時に、痛みが激しい場合には鎮痛剤な鎮静剤などを投与することもあります。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。