鼠径ヘルニア 脱腸 手術 失敗

鼠径ヘルニアの手術は失敗しやすい?

 鼠径ヘルニアの手術は失敗しやすいのでしょうか。

 

 鼠径ヘルニアという病気があります。
 少し難しい名前となるので、どのような病気かわからないという人もいるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 鼠径ヘルニアは、脱腸とも呼ばれています。
 脱腸という言葉はよく耳にすることがあります。

 

 鼠径ヘルニアはしっかりと治療をしなければいけないのすが、治療方法に関しては手術をしなければ治すことができないと考えられています。
 したがって病院に入院をして手術を行うというのが基本です。
 しかしなかには入院の必要がなく、日帰りを行うことができるというような病院もあります。

 

 1歳未満の先天性疾患の場合には、自然に治癒することもあります。
 しかしここで注意をしなければいけないことがあります。

 

 それは1歳を過ぎるとほとんどの場合自然治癒することはありません。
 したがって子供の場合には、できるだけ早く気がつくことが必要になります。
 実際にこの病気の患者さんはたくさんいます。

 

 鼠径ヘルニアの患者さんは、14万人以上いると考えられています。
 しかし実際にはその数倍の人が悩まされていると考えられています。

 

スポンサーリンク

 

 なぜこのようにたくさんの患者さんがいるのかというと、子供の病気と考えている人が多いというのが背景にあります。
 また大人が罹患した場合には、恥ずかしくてなかなか病院を受診することができないというようなことがあります。

 

 したがってしっかりと治療を受けずに放っておくということが多くなりるのです。
 最悪の場合、腸が壊死をしたり腹膜炎を引き起こしてしまう可能性があります。

 

 この際には合併症の危険があります。
 このため、早く手術を行って治療を受ける必要があります。

 

 手術に関しては失敗をしないのかと心配になる人がいます。
 現在行われている手術は、体への負担が少ないということで、失敗をする可能性は低くなります。

 

 手術後の合併症や再発の心配も少なくなります。
 現在では人工補強剤というものが使われるようになるので、失敗の可能性も低くなります。

 

 次の記事はこちらです。
 子供の鼠径ヘルニア!知っておきたい原因と症状とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。