鼠径ヘルニア 脱腸 手術 時間 入院期間

鼠径ヘルニアの手術!時間や入院期間はどれくらい?

 鼠径ヘルニアの手術では、その時間や入院期間はどれくらいなのでしょうか。

 

 現在ではいくつかの病気があり、その治療のために入院をしたり手術が行われるようになります。

 

 すこし前までは治療までに長い期間が必要となりましたが、最近では医学の発達によって、治療をすることができる時間も短くなります。

 

スポンサーリンク

 

 このような中で鼠径ヘルニアという病気がありますが、治療のためには入院をしなければいけません。
 鼠径ヘルニアの入院期間に関しては、個人差があります。
 このほかには患者さんの状態や手術方法や施設によっても異なります。

 

 入院期間に関しては、一般的には数日から1週間程度となります。
 しかし最近では医学が発達しているということから、日帰り手術をすることもできるようになります。 

 

 日帰りで治療を行うことができるようになりますが、やはり高齢者などの治療の際には入院が必要と考えられています。
 したがって2泊3日というのが多くなります。

 

 次に気になるのが入院期間の流れに関してです。

 

 鼠径ヘルニアの治療に関しては、入院1日目はオリエンテーションが行われるようになります。  
 しかし日常生活で活動を制限しなければいけないということはありません。
 食事制限も特にありません。
 普段通りに食べることができます。

 

スポンサーリンク

 

 そして2日目は実際に手術を行う日となります。
 この日は朝から何も食べることはできません。
 予定されている時間になると、施術を行う部屋へと移動をします。

 

 看護師がしっかりと付き添ってくれるようになりるので、緊張をすることはありません。
 歩いて移動をすることができるので、リラックスした状態となります。

 

 施術に関しては、鼠径部分の毛を必要な部分だけ取り除きます。
 そして麻酔が行われるようになります。
 3〜5cm程度切開をして行うようになります。
 ここでは人工補強剤を使った治療が行われるようになります。

 

 手術の時間は、概ね30分〜1時間程度となります。
 その後、2〜3時間は安静にします。

 

 次の記事はこちらです。
 知っておきたい鼠径ヘルニアの初期段階の症状!

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。