ヘルニア 病院 何科

頸椎椎間板ヘルニアでは何科の病院を受診すればいい?

 頸椎椎間板ヘルニアでは何科の病院を受診するのがいいのでしょうか。

 

 人間の感覚器は頭部に集中していて、その頭部を動かすために、頸椎がよく動く仕組みになっています。
 このよく動く仕組みのために、頸椎は損傷を起こしやすくなっているのです。

 

スポンサーリンク

 

 そのような頸椎の損傷で有名なのが、頸椎椎間板ヘルニアになります。
 頸椎椎間板ヘルニアは、頚部のみではなくて、腕や手に痛みや麻痺症状が出現する疾患です。

 

 なかでも麻痺が進行すると、熱湯に触っても感覚が分からなくなることがあります。
 あるいは、物を握っても落としてしまうほどに、筋力が低下することもあります。

 

 こうした麻痺の症状が進行すると、外科的治療を行うことで、進行を食い止める必要があるのです。

 

 このようなケースで、病院の何科を選択するかというと、整形外科になります。
 整形外科は、外科から分科したもので、運動器系疾患の手術を行うことを専門にしています。

 

スポンサーリンク

 

 いっぽうで、頸椎椎間板ヘルニア全体としては、手術を行わないケースの方が圧倒的に多くなるのです。
 そうしたときに病院の何科を選択するかというと、麻酔科を選択するという方法があります。
 麻酔科は、手術時の痛みをコントロール出来るほどに、痛みのコントロールに長けている科なのです。

 

 痛みをコントロールする方法としては、消炎鎮痛剤の内服薬を用いることが、民間でも行われています。
 もちろん麻酔科では、この消炎鎮痛剤の内服薬もよく用いますが、その他の治療法が特徴的です。

 

 その象徴的なものが、神経ブロック療法になります。
 神経ブロック療法には、いくつかの種類が存在していまして、それぞれの用途に応じて使い分けます。

 

 頸椎椎間板ヘルニアに対して行う神経ブロック療法の代表的なものが星状神経節ブロックです。
 星状神経節ブロックは、頸部の前方から、注射やレーザーを用いて実施することが一般的です。

 

 次の記事はこちらです。
 頸椎椎間板ヘルニアによる激痛はどう対処する?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。