鼠径ヘルニア 脱腸 症状 初期

知っておきたい鼠径ヘルニアの初期段階の症状!

 鼠径ヘルニアの初期段階の症状には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 鼠径ヘルニアとは、本来お腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。
 これは、一般的に「脱腸」と呼ばれている病気のことです。

 

スポンサーリンク

 

 鼠径ヘルニアは、子どもの病気だと思われがちですが、実は成人にも見られる病気で、多くの場合の治療法は手術となります。
 しかし、痛みも少なく短期入院で行うことが可能ですので、日常生活のことを考え積極的に治療を行うことが大切だと言えます。

 

 この病気は、乳幼児の場合は先天的なものが多いですが、成人の場合は、加齢によって体の組織が弱まってくることが原因として考えられます。
 また、どちらの場合でも鼠径ヘルニアは、女性より男性に多く見られる病気です。
 その理由は、鼠径管のサイズが女性に比べて男性の方が大きく、脱腸する可能性が高いためです。

 

 成人でこの病気にかかりやすいとされるのは、便秘症、肥満気味、前立腺肥大などの症状を持っている人です。
 また妊婦や腹圧のかかる仕事をしている人も注意が必要です。

 

 鼠径ヘルニアの症状は、初期段階と嵌頓状態との2段階に分類されます。
 初期段階の症状としては、立ち上がった時、またはお腹に力を入れた時に、鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などか出てきて、皮膚が柔らかい腫れのようにふくらみます。

 

スポンサーリンク

 

 また、このふくらみは指で押さえたり、体を横にすると引っ込むという特徴があります。
 そして、ふくらみを出し入れしている時に軽い痛みや違和感を感じることはありますが、初期段階において、痛みはほとんど出ないことが多いです。

 

 そして症状が進行すると、飛び出している腹膜や腸の一部によるふくらみが筋肉でしめつけられて戻らなくなってきます。
 この状態になるのことを「嵌頓状態」と言います。

 

 この段階では、腸が締め付けられ食べ物が流れていかないことがあり、場合によっては腸閉塞などを引き起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

 鼠径ヘルニアは、遺伝的な要素によるものも多いですが、それ以外であれば、生活を改善することで防げることもあります。
 便秘や肥満を解消するよう心掛けることも予防法の一つとして大切なことです。

 

 次の記事はこちらです。
 鼠径ヘルニアの手術後は腫れますか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。