鼠径ヘルニア 脱腸 手術後 運動

鼠径ヘルニアの手術後には運動してもいい?

 鼠径ヘルニアの手術後には運動しても大丈夫なのでしょうか。

 

 鼠径ヘルニアという病気があります。
 これは脱腸という言葉で表現されることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 鼠径ヘルニアに関しては、基本的には手術をしなければいけないようになります。
 このため、入院が必要になると考えられています。

 

 入院をして手術を受けて、退院をした後の生活が気になります。
 手術後退院をして約1週間後に外来を受診するというようになります。

 

 手術後の外来の受診に関しては、痛みなどの症状があるかを確認します。
 また傷口の状態を確認し、抜糸をするということが行われています。

 

 ここで気になるのが入浴に関してです。
 入浴は傷口がふやけてしまうと治療までに時間が必要となります。
 したがって退院後1日から2日はシャワーにしておくようにします。

 

 傷口に水がかかってしまっても慌てる必要はありません。
 ここからたくさんの雑菌が入るという心配はありません。

 

 水分をしっかりと拭き取って、新しい保護シートなどを貼るようにします。
 また手術後の運動も気になります。

 

スポンサーリンク

 

 鼠径ヘルニアの手術後の運動に関しては、散歩などの軽い運動に関しては、手術の翌日から傷口が痛まない程度であれば行うことができます。
 仕事に関しても、それほどつらいものでなければ、体調に合わせて行うようにします。

 

 しかしゴルフやジョギングというような激しく体を動かすスポーツに関しては、手術後3週間程度経ってから行うようにします。
 これは筋力トレーニングも同じです。
 体の調子に合わせて始めるようにします。

 

 ここで何も大きな問題がないということであれば、約1か月後に再び病院を受診するという形となります。
 症状や傷口に問題がなければ、治療が終了ということになります。

 

 鼠径ヘルニアの手術では、翌日からシャワーをあびることができます。
 退院後座って行うデスクワークであれば、始めることができます。

 

 軽い運動は術後2週間程度となりますが、術後1か月でお腹に力が入るというような仕事を行うこともできます。
 再発をした場合には再び手術をしなければいけません。

 

 次の記事はこちらです。
 鼠径ヘルニアの手術後にお酒は大丈夫か?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。