ヘルニア 完治 治る 期間

ヘルニアの完治に要する期間はどれくらい?

 ヘルニアの完治に要する期間はどれくらいなのでしょうか。

 

 中高年を中心に腰痛に悩む人は多く、椎間板ヘルニアは腰痛の原因の一つと考えられています。
 しかし病院などで精密検査を受け、腰痛の原因が椎間板ヘルニアだと断定できるケースは少ないようです。

 

スポンサーリンク

 

 ほとんどの腰痛は原因をはっきり特定することができないものです。
 椎間板ヘルニアとは腰骨の間にある椎間板が変形してしまい、本来クッションの役割を果たすはずのものが逆に神経を圧迫している状態です。

 

 診察では神経学的な検査と画像検査が行われます。
 神経学的な検査というのは筋力の低下や感覚に異常がないか診断するもので、膝をたたいた時の反応を調べるなど痛みはなく短時間で終了します。

 

 画像検査で椎間板の変形がみられるとショックを受ける人が多いようです。
 しかし神経学的な検査の結果と合わせて椎間板ヘルニアと診断されてもすぐに手術が必要というわけではありません。

 

 椎間板ヘルニアの治療には保存療法と手術療法があります。
 緊急時以外は保存療法が行われ、6ヶ月から長くても1年ほどの期間で完治します。

 

スポンサーリンク

 

 何もしなくても自然に完治することも多いようです。
 保存療法は、骨盤にベルトを掛けてけん引する治療が有名です。

 

 ほかには腰の筋肉を温めて筋肉をほぐす治療などもあります。
 痛み止め薬を処方してもらい痛みを緩和させることもできます。

 

 手術療法は、保存療法をある程度の期間続けても効果がない場合に勧められます。
 背中を切開し、変形して神経を圧迫している部分を取り除きます。
 背中を5センチほど切開する手術が主流でしたが、最近では内視鏡を使い切開が小さく済む手術も行われるようになってきています。

 

 自宅でできるセルフケアもあり、腰の痛みの緩和に有効です。
 仰向けに寝て片足ずつ膝を持ち上げ曲げたり伸ばしたりします。
 簡単にできるので起床後すぐや就寝前などに毎日行いましょう。

 

 次はこちらの記事です。
 ヘルニアで安静が必要な期間はどのくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。