頸椎ヘルニア 症状 めまい

頸椎ヘルニアの症状でめまいが出る?

スポンサーリンク

 

 頸椎ヘルニアは、7つの骨によって構成されている頸椎の骨と骨の間にあって、クッションのような働きをしている物質が、本来の場所から飛び出し、神経を圧迫することで起きる病気です。
 身体全体から見ればごく一部の異常に過ぎませんが、この病気はたったそれだけのことで様々な症状を引き起こすのです。

 

 頚椎ヘルニアの初期症状は、肩こりや首回りの違和感です。
 それが次第に痛みやしびれに変わっていきます。

 

 これは五十肩の症状と非常によく似ているため、放っておくか、せめて整骨院に通う程度のことしかしない場合が多いです。
 しかし、頸椎という場所は非常にデリケートにできているため、痛みやしびれの症状はどんどん悪化していきます。

 

 頸椎ヘルニアを治すためには、主に保存療法と手術があります。
 手術を行うのは、かなり病状が悪化した場合であり、保存療法に比べて再発のリスクが高く、一度でも再発すると再発しやすい体質になってしまうのです。
 ですから、手術を行わなければならない状態になる前に、早期発見・早期治療をすることが大切なのです。

 

スポンサーリンク

 

 頸椎ヘルニアの初期症状で多く見られるのは、頭痛とめまいです。
 これは頸椎が頭に近いからです。

 

 その他にも吐き気・立ちくらみ・目の充血・目がかすむ・肩こり・首の痛み・後頭部の痛み・腕や手、指のしびれや痛み・感覚が鈍くなる・手足が冷たく感じるあるいは熱く感じる・手足に力が入らない・耳鳴りなど驚くほどの症状が出るようになります。

 

 また、これらだけでも十分厄介ですが、最悪の状態になれば排尿や排便の感覚がなくなったり、果ては排泄自体が困難になります。
 そして、最終的には運動機能全般が働かなくなり、歩けなくなるなどの重い障害が残ることもあります。

 

 頸椎ヘルニアは椎間板のどの部分がどの神経を圧迫してしまうかによって、身体が出すサインが異なって来ます。
 頭痛やめまいが主な訴えですが、そのような病状はどんどん進行し、日常生活にも大きな影響を及ぼすようになります。

 

 例えば手の感覚がほとんどなくなってしまえば、食器を持つことも洋服のボタンを留めることも出来なくなってしまうため、たかがめまいと放っておかずに、医療機関を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。