鼠径ヘルニア 脱腸 再発 症状 痛み

鼠径ヘルニアの再発ではどんな症状が出るのか?

 鼠径ヘルニアでは、お腹の内部にある腹膜や腸の一部分が、鼠径部にある筋膜の間から皮膚の下に出てくるようになります。

 

 一般的には「脱腸」と呼ばれることが多くなっています。

 

スポンサーリンク

 

 鼠径ヘルニアは、手術によって治療することが多いのですが、場合によっては再発してしまうことがあります。

 

 どの程度の再発率があるかというと、従来から行われている筋肉や筋膜を縫い合わせる手術方法では約10%、メッシュを使用する手術方法では約1〜5%とされています。

 

 どのような原因で再発が起こるかについては、手術後の経過年数によって異なってきます。

 

 2年以内に再発する場合には、補強するために使用されたメッシュがずれてきたり、補強の範囲が充分でなかったことなどが考えられます。

 

 それ以上経過してから再発する場合には、筋膜が弱くなってきたことなどが考えられます。

 

 これ以外にも、力を使う仕事に就いていたり、運動等によってお腹に大きな力がかかって再発することもあります。

 

スポンサーリンク

 

 再発した場合の症状では、以前とおなじような場所に膨らみができたり、痛みなどが感じられることが多くなっています。
 その場合には、自然に治ることはないため、再手術をするようになります。

 

 また、再発して飛び出したヘルニアが戻らなくなる「かんとん」の場合には、すぐに治療を受けないと血流が止まって壊死を招く恐れがあります。

 

 ただ、鼠径ヘルニアの再手術は、基本的に初回より難しくなってきます。

 

 それは、一度手術で治した腹壁などを再度切開しないといけなくなるからです。
 その際には、神経や男性では精管などに傷をつけてしまう恐れもあります。

 

 このため、再手術ではその切開の場所を変えたり、内視鏡による手術などが望ましいとされています。
 従って、再発を感じたら、ヘルニア専門医に診てもらうのが安心です。

 

 手術後には、再発しないような生活を送ることが大切になります。
 また、違和感がなくても定期的に通院して検査等を受けておくと安心です。

 

 次の記事はこちらです。
 鼠径ヘルニアの手術は全身麻酔が必要?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。