ヘルニア 安静 期間

ヘルニアで安静が必要な期間はどのくらい?

 ヘルニアで安静が必要な期間はどのくらいなのでしょうか。

 

 ヘルニアは腰もあれば頚椎もあります。
 どこの部位かによって、安静期間は違ってきます。

 

スポンサーリンク

 

 もちろん、症状の重さによっても違いがあります。
 それから、置かれている環境などによっても違いが出てくることがあります。

 

 例えば、重労働をしているという人ほど、無理に動かしてしまっては治りが悪くなってしまうため、徹底的に安静に過ごす必要があると言えます。
 場合によっては仕事を休んだり、入院したりすることもあります。

 

 まずは、ヘルニア専門の病院にかかり、医師の指示に従うことが大切です。
 入院になれば、手術をすることもあります。
 何週間も入院生活ということも少なくありません。

 

 一方、自宅療養の場合も、二週間程度の安静期間を設けるように言われることがあります。
 自宅では無理をしてしまう人も多いため、家族の理解も必要になってきます。
 なるべく動かないようにすることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

 ヘルニアは軽度の場合、安静にすることで治ることがあります。
 通院治療も定期的に必要です。
 薬物治療やリハビリ治療が主なものとなります。

 

 これらを続けることによって、それほど期間がかからずに完治することも少なくありません。
 人によっては、二週間程度で仕事を再開できるということもあります。

 

 ヘルニアの安静期間を少なく見積もってしまうことによって、治りが悪くなってしまうことがあります。
 酷くなってしまうと、手術や入院が必要となることもあるため注意が必要です。

 

 特に、痛みが酷い場合には動きたくても動けない状態になることがあります。
 身体の痛みに素直に従うことが大切です。

 

 仕事もヘルニアということであれば、有給を取ることができるはずです。
 必要であれば、担当医から診断書を出してもらい会社に提出することをお勧めします。

 

 次はこちらの記事です。
 腰椎椎間板ヘルニアの痛みには波がある?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。