ヘルニア 脇腹 痛み

ヘルニアでは脇腹に痛みが出るのか?

 ヘルニアになると、脇腹に痛みが出るのでしょうか。

 

 ヘルニアの中でも椎間板に生じるタイプの場合には、時に広範囲に痛みが現れることがあります。

 

 腰周辺はもちろんのこと、太ももや脇腹にも痛みが走ることが多々あり、生活する上でも大きな障害となるのが厄介な点です。

 

スポンサーリンク

 

 脇腹に痛みが現れる病気は他にもあるため、症状が見られたら念のため腹部エコーを受けたり、婦人科、泌尿器科などを受診することが必要です。

 

 こういった診療を受けてで特に異常がなかった時には、椎間板ヘルニアなどの整形外科領域の病気が疑われます。

 

 腰や大腿骨、坐骨周辺の神経は複雑に絡み合っているため痛みも広範囲に及ぶ傾向があります。
 このため、原因がどこにあるのかを突き止めることがまずは大切です。

 

 昨今では、椎間板ヘルニア治療を専門に行う診療科や専門医も数多く登場しているため、より高度な治療を受けられる施設も探すことが出来ます。

 

 痛みと共に問題になる症状が、排尿障害です。
 泌尿器周辺にしびれが生じると、時にこういった排尿障害が起こることがあります。

 

スポンサーリンク

 

 こうなると速やかな治療が必要になり、生活の質を落とさないことがまずは目指すべき課題です。

 

 現在では様々な方法でヘルニアの手術を行なうことが可能であり、根治も望める状況となっています。
 専門医の場合には、内視鏡やレーザーを用いた負担の少ない手術が出来るのが大きな特徴です。

 

 一昔前までは、こういった手術には少なからず危険が伴うものと考えられていました。
 脊髄に近い部分を治療することから、懸念されてきたのが様々な合併症です。

 

 最近は新しい手術法の導入や医師の技術の向上によって、より安全に手術を行なうことが可能になっています。
 そのため、余計な不安を抱くことなく手術に踏み切れるのが昨今のヘルニア治療のメリットです。

 

 次はこちらの記事です。
 ヘルニアは冷やすの?温めるの?どっちがいい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。