鼠径ヘルニア 手術後 再発 原因 予防

鼠径ヘルニアの手術後に再発する原因とは?

スポンサーリンク

 

 鼠径ヘルニアの場合には、そのほとんどが手術による治療になります。
 ただ、手術をしてもその後に再発してしまうことがあるので注意が必要です。

 

 再発するなら手術しても意味がないと思うかもしれませんが、手術しない方がその後の支障が大きいことが多くなります。
 ここでは、手術後に再発する可能性やその頻度や原因などについてお話していきます。

 

 鼠径ヘルニアの手術後に再発する可能性については、従来の筋肉を縫い合わせる方法では約10%と言われています。
 また、最近の主流になってきているメッシュ(人工補強材)を使う手術では、その1/10の1%以下とされています。

 

 このように鼠径ヘルニアでは、その再発するリスクがあるということを念頭において手術を受けることが大切になります。
 そのため、手術前に主治医からしっかりと説明を受けて納得した上で手術に臨むようにしましょう。
 評判がいいからと充分に理解しない状態で手術を受けると、後々のトラブルの要因にもなりかねません。

 

スポンサーリンク

 

 手術後に鼠径ヘルニアが再発する原因としては、補強材として使われたメッシュがずれてしまったり、補強の範囲が充分でないことなどが挙げられます。
 また、手術後の生活の中で、お腹に必要以上の力のかかることが続いた場合などがあります。
 仕事柄そのような状況になりやすい場合には、充分な注意が必要になってきます。

 

 鼠径ヘルニアが再発した場合には、そのままでは治ることはありません。
 そのため、普段の生活にも支障をきたす場合には再手術を受けるようになることがほとんどです。

 

 ただ、再手術では、初回の手術よりも難しくなるため、より慎重に検討することが必要になってきます。
 手術の場所を変えたり、大きなメッシュを使うなどの方法が用いられるようになります。
 そのため、経験豊富な医師でないと再手術がスムーズにできないこともあります。

 

 このあたりの事前説明もしっかり行ってくれる信頼できる病院や医師を捜すこともとても大事になってきます。

 

 次の記事はこちらです。
 脱腸は放置しても自然治癒する?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。